思春期には身長がよく伸びる理由

思春期にはよく身長が伸びる事は多くの人が知っています。今、子供を持つ親御世代も頻繁に聞かされてきた事です。ではどうしてこの時期は身長が良く伸びるかを知りましょう。

実は身長が伸びる事は骨が伸びる事を意味します。

いつまで身長を伸ばす事ができるかは、骨の組織にある骨端線がポイントになります。この骨端線というのは、骨の端にある軟骨が骨に変わっていく境目の事です。

細胞分裂が活発な部分で骨の組織が作られています。言ってみれば骨の伸びしろという事ができます。この骨端線があるうちは骨は伸びる事ができます。ですから身長が伸びます。

ですが思春期になると女の子は女性ホルモンの働きが強く出るようになり初潮を迎えます。これをきっかけにして骨端線が閉じていきます。その後は身長の伸びも緩やかになり落ち着いてきます。

そして男の子も同じで身長がいつまで伸びるかは女性ホルモンの影響が大きいとされています。

普通は身長を伸ばす事ができるのは男性で17歳から18歳程度まで、女性なら15歳から16歳くらいまでです。

ですがこれはあくまでも平均であって、例外的には20歳になっても身長が伸びたという人や25歳ぐらいまでは身長が伸びていたという人もいます。

身長が伸びるイコール骨が伸びる?

身長が伸びるということは、骨がぐんぐん伸びていくということなのかな?というイメージがありますね。

実は、骨自体がただ伸びるというより、骨の両端にある軟骨部分にある細胞が増殖することで骨がぐんぐんと成長していきます

この軟骨部分を「骨端線(こったんせん)」と呼ぶのですが、これは大人には存在しません

男子は18歳ごろ、女子は16歳ごろには無くなってしまいます(骨端線が閉じる、という言い方をします)。

骨端線が閉じてしまうともう骨は伸びない、つまり身長は伸びません。

なので、成長期のうちにこの骨端線の軟骨細胞をどんどん増やすということが大事なのですね。

カルシウムは身長を伸ばす?

身長を伸ばすにはカルシウムを摂るのが大事、そのためにはせっせと牛乳を飲む必要がある…と、昔はよく言いました。

現在でも学校給食に毎日牛乳が出ているくらいですし、やはりカルシウムというのは子供の成長にとって必要不可欠な栄養素だというイメージがありますね。

確かに、カルシウムは骨の主成分ですから骨を強く丈夫にしてくれるため、成長期に十分な量を摂取しておくというのは非常に大事です。

成長期のうちにしっかりとカルシウムを摂取して骨量を増やしておくことで、歳をとってから骨粗鬆症になりにくくなるのです。

ただ、カルシウムだけを取っていれば骨が伸びるということではありません

もちろんカルシウムも骨を強くするという重要な役割がありますし、イライラを抑えてくれるなどの効果もありますから、不足することがないようにしたい栄養素です。

ただ、日本人は慢性的にカルシウム不足だと言われています。子供の成長のためにも意識的に摂るようにしたいものですね。

身長を伸ばすにはタンパク質が最も大事

それでは身長を伸ばすのに最も大事な栄養素は何かと言うと、肉や魚、卵や乳製品などに含まれる「タンパク質」です。

というのは、タンパク質が前述の骨端線という軟骨組織の原料になるからです。

また、タンパク質には身長を伸ばすのに重要な鍵を握る「成長ホルモン」の分泌を促してくれる作用もあります

成長ホルモンは夜中に多く分泌されるののでしっかりと睡眠を取るのが大事だというのはよく知られていますが、食事でタンパク質を十分に摂っておくことで、この成長ホルモンの分泌量も増えて身長が伸びるというわけです。

亜鉛も重要な栄養素

先ほどタンパク質が最も重要だと書きましたが、もう一つ不足しないように摂っておきたい栄養素があります。それは「亜鉛」です。

亜鉛というのは牡蠣や牛肉、レバー、うなぎ、ピーナツなどに多く含まれており、成長ホルモンの分泌に関わっている栄養素です。

一般的にはまだ馴染みの薄い栄養素かもしれませんが、身長が伸びるのをサポートしてくれるので最近話題になっているんです。

子供向けのサプリなども色々と販売されていますので、不足していないか気になる…という方はサプリを活用するのも手ですね。

アルギニンとは?

アルギニンとは必須アミノ酸の一つです。成人ですと肥満などの生活習慣病の予防や美容効果などもありますが、子供では成長ホルモンの分泌の促進という点で多大な効果があります。

成長ホルモンは成人でも体調を整えたり筋肉がつきやすくなるなどの効果がありますが、子供は身長が伸びやすくなるという利点があります。

具体的な効果もコペンハーゲンで行われた対照実験により実証されています。

また、成人は体内でアルギニンを合成できますが、子供はアルギニンを合成することができません

したがって外部から補給する必要があります。次はその方法について紹介します。

アルギニンのメリットと摂取方法

アルギニンのメリットとして、コストパフォーマンスが高いことが挙げられます。

成長ホルモンを直接注射する方法もありますが、年間で数百万円もかかります。

保険が適用されるのが低身長症などの病気と判断された場合のみで、単に身長を伸ばしたいという目的では適用されないためです。

アルギニンはサプリメントで補給した場合1か月6千円ほどで済みます。

上記の通り効果は実証されておりますので、費用が安いからと言って懸念する必要はありません。

そのアルギニンを摂取する方法としては、食事とサプリメントの2種類があります。

食事の場合、肉類、魚介類、大豆類が主な供給源となってきます。肉の中では特に鶏肉と豚肉、魚介類ではエビやマグロ、大豆類は特筆するものはなく、全般的にアルギニンが多く含まれています。

サプリメントの場合、用法容量を守って服用した場合のアルギニンの摂取量が4000mgを超えているかを確認しましょう。身長の伸びに効果があるのがその量からです。

もちろん、食事と違い全てのサプリメントに安全性や効果が保障されているわけではありませんので、口コミなど評価の高い商品を選ぶようにしましょう。

子供の成長に良い就寝時間は?

では一番良い寝る時間というのは何時なのでしょうか。

それはゴールデンタイムと言われる22時と言われています。

22時から2時までの間に成長ホルモンは分泌され成長を促していくのですが、実はこの時間を過ぎてしまうと成長ホルモンが十分に分泌されないのです。

その前に寝るのは問題ありませんから、できれば22時前に子供を寝かしつけられる環境を構築していくことが、子供の身長を伸ばすのに一番重要な事だと言えるでしょう。

子供の成長ホルモンを正常に働かせるには

身長を伸ばすにあたって大変重要な成長ホルモンは、大人になってからも少量ながら分泌されるものですが、思春期を過ぎた後大きく分泌量が減ります。

その為、子供の内にできるだけ正常に成長ホルモンを働かせていくことが子供の身長を伸ばすことに繋がるのです。

ではどのように気をつけていけば良いのかというと、前記で述べたように、きちんと整った生活をすることを一番に気をつけます。

特に寝る時間が最大のポイントで、ここが整っていないと他がどんなに良くても身長は伸びません。

身長を伸ばすにはどんなスポーツをさせるのがいいのか?

ひとことで言えば「骨を縦方向に刺激できる運動」です。

例えば、バレーボール、バスケットボール、ジョギング、縄跳び、ダンスなど。つまりはよくジャンプするような運動がベストです。

垂直方向に適度な刺激を与えると、骨はその刺激に耐えられるように成長するからのようです。

ただし、「背が伸びるから~しなさい。」と子供に押し付けては逆効果になります。

やりたくもないスポーツを無理やりにしているとストレスが溜まって、成長ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

子供が自分からしたいと思えるスポーツをさせてあげることが一番効果的です。

身長を伸ばすのに睡眠をしっかりとるというのが大切だというのはよく聞くと思いますが、運動をしっかりさせてあげるのも大切なことです。

よく「スポーツすると身長が伸びない」という噂を聞きますが、正しくは「運動をしすぎて一部の筋肉ばかりに負担をかけすぎると背が伸びづらくなる」というだけでスポーツを避けることは健康的にもよくありません。

睡眠中だけでなく運動中も成長ホルモンはたくさん分泌されるのでしっかりと運動させてあげましょう。

投稿日:

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.