自分の子供の身長って気になりますよね。他所の子供よりも成長が遅いと何か問題があるんじゃないかと心配になってしまいます。

このサイトは、子供の身長を伸ばすために効果的な方法を書いたサイトです。

うちの息子は9歳からサッカーをしているのですが、身体が小さいためによく他の子供に跳ね飛ばされて傷だらけで帰ってきていました。

親としてなんとか子供の力になってあげたいと思い、たった1つのことを始めました。

それは身体が大きく育ってくれるように普段の栄養管理をしたことです。

その結果、身長が伸びて春にはサッカー強豪校に入学します。

 

子供の身長を伸ばすために必要な要素は3つあります。

3つの要素とは、栄養素、運動、睡眠です。

この中で最も重要なのは「栄養素」です。

なぜかというと、運動と睡眠というのは普通の家庭環境にあれば、個人個人でそこまで大きな差は出ないからです。

運動は学校の体育の時間に行いますし、睡眠も普通のご家庭であれば子供は自然と眠くなり眠りにつきます。

しかし、「栄養素」は各ご家庭によって大きく変わってきます。

これからそれについて見ていきましょう。

身長を伸ばすのに必要な栄養素は?

よく、牛乳を飲んでカルシウムを摂取していれば背が伸びると思いがちですが、それは間違いです。

カルシウムは骨を丈夫にする効果がありますが、身長を伸ばすのにはあまり効果がありません。

身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が重要なのです。

そして成長ホルモンの分泌を最も強化してくれるのが「アルギニン」です。

アルギニンとは?

アルギニンとはタンパク質に含まれるアミノ酸の一つです。アルギニンは子供の成長ホルモンの分泌を促進するという点で多大な効果があります。

成長ホルモンには子供の身長が伸びやすくなるという利点があります。

具体的な効果もコペンハーゲンで行われた対照実験により実証されています。

しかし、アルギニンは通常の食事量だけでは十分な量を摂取することはできません。また、子供は身体の内でアルギニンを作り出す力が弱いのです。

したがってサプリメントなどで補給する必要があります。

アルギニンのメリットとして、コストパフォーマンスが高いことが挙げられます。

成長ホルモンを直接注射する方法もありますが、年間で数百万円もかかります。

アルギニンはサプリメントで補給した場合1か月6千円ほどで済みます。

アルギニンを摂取する方法としては、食事とサプリメントの2種類があります。

食事の場合、肉類、魚介類、大豆類が主な供給源となってきます。肉の中では特に鶏肉と豚肉、魚介類ではエビやマグロ、大豆類は特筆するものはなく、全般的にアルギニンが多く含まれています。

サプリメントの場合、用法容量を守って服用した場合のアルギニンの摂取量が4000mgを超えているかを確認しましょう。身長の伸びに効果があるのがその量からです。

もちろん、食事と違い全てのサプリメントに安全性や効果が保障されているわけではありませんので、口コミなど評価の高い商品を選ぶようにしましょう。

おすすめはDr.Senobiruです。

Dr.Senobiruはこのアルギニンが5000mg配合されています。

単にタンパク質を摂取するだけであればプロテインでもいいのですが、プロテインだと味が美味しくないようですぐに飲まなくなってしまいました。

亜鉛も重要な栄養素

先ほどタンパク質が最も重要だと書きましたが、もう一つ不足しないように摂っておきたい栄養素があります。それは「亜鉛」です。

亜鉛というのは牡蠣や牛肉、レバー、うなぎ、ピーナツなどに多く含まれており、成長ホルモンの分泌に関わっている栄養素です。

一般的にはまだ馴染みの薄い栄養素かもしれませんが、身長が伸びるのをサポートしてくれるので最近話題になっているんです。

子供向けのサプリなども色々と販売されていますので、不足していないか気になる…という方はサプリを活用するのも手ですね。

子供の成長に良い就寝時間は?

成長ホルモンは夜中に多く分泌されるのでしっかりと睡眠を取るのが大事だというのはよく知られていますが、食事でタンパク質を十分に摂っておくことで、この成長ホルモンの分泌量も増えて身長が伸びるというわけです。

では一番良い寝る時間というのは何時なのでしょうか。

それはゴールデンタイムと言われる22時と言われています。

22時から2時までの間に成長ホルモンは分泌され成長を促していくのですが、実はこの時間を過ぎてしまうと成長ホルモンが十分に分泌されないのです。

その前に寝るのは問題ありませんから、できれば22時前に子供を寝かしつけられる環境を構築していくことが、子供の身長を伸ばすのに一番重要な事だと言えるでしょう。

身長を伸ばすにはどんな運動をするのがいいか?

身長を伸ばすのには、運動をしっかりさせてあげるのも大切なことです。

よく「スポーツすると身長が伸びない」という噂を聞きますが、正しくは「運動をしすぎて一部の筋肉ばかりに負担をかけすぎると背が伸びづらくなる」というだけでスポーツを避けることは健康的にもよくありません。

睡眠中だけでなく運動中も成長ホルモンはたくさん分泌されるのでしっかりと運動させてあげましょう。

ひとことで言えば「骨を縦方向に刺激できる運動」です。

例えば、バレーボール、バスケットボール、ジョギング、縄跳び、ダンスなど。つまりはよくジャンプするような運動がベストです。

垂直方向に適度な刺激を与えると、骨はその刺激に耐えられるように成長するからのようです。

ただし、「背が伸びるから~しなさい。」と子供に押し付けては逆効果になります。

やりたくもないスポーツを無理やりにしているとストレスが溜まって、成長ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

子供が自分からしたいと思えるスポーツをさせてあげることが一番効果的です。

更新日:

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.