中学生

中学生が身長を伸ばす方法とは?

投稿日:

日本と他国の中学生の平均身長の差異

日本の中学生の平均身長は男性で160cm、女性で154cmと言われています。

しかし、アメリカと比べると、知っての通り日本人の平均身長は圧倒的に低いです。

これはアメリカ人の食生活と生活習慣の違いが大きな要因だと考えられます。

生活習慣というと、アメリカ人は家の中でも靴を履いているという事は有名ですが、実はこれも発育に大きく影響を及ぼしていると言われています。

しかし、日本でも同じように家の中で靴を履かせる訳にはありませんよね。

このように、生活習慣までアメリカ人に似せることは難しいので、食生活を変えるのが最も良い方法でしょう。

どう食生活を変えるべきか

アメリカ人の食事は日本人の食事に比べて炭水化物とタンパク質の摂取量が多いです。

炭水化物というと、代表的なのはお米とパンですね。

これらを多く摂取することが、身長を伸ばすことにとって大切です。

この理由は、身長を伸ばすために必要なタンパク質と大きく関連しています。

人間の体はタンパク質の代わりに炭水化物をエネルギー源として利用します。

つまり、炭水化物が不足すると必然的に骨を作るのに必要なタンパク質が消費されてしまうという事になります。

なので、少々語弊はありますが、タンパク質がエネルギー源として使われるのを避けるために炭水化物をしっかり摂取すべきです。

身長を伸ばすためにタンパク質を摂取する理由は先ほど述べたとおり、骨を作るのに必要だからというシンプルな理由です。

ただし、気をつけなくてはならないのは、ただ闇雲にタンパク質と炭水化物を摂取すれば良いという訳ではありません。

当然食生活にはバランスが必要なのです。

では、なぜ食生活にバランスが必要なのかというと、それは偏った栄養バランスだと体がストレスを感じてしまうからです。

このストレスがどのような影響を及ぼすかは後ほど説明します。

ちなみに他にも身長を伸ばす=骨を作るのに必要な栄養素があります。

それは知っての通りカルシウムです。

カルシウムを摂取するというと、牛乳が一般的ですが、牛乳を飲んでも身長が全く伸びないという事が多いと思います。

そこで個人的にはセノビックという商品がオススメです。

カルシウムを牛乳の何倍も摂取でき、実際に私もこの商品を利用して成果が出ています。

身長を伸ばすためにしてはいけないこと

中学生というと思春期真っ只中ですよね。この時期は最も成長ホルモンが分泌される時期なのです。成長ホルモンはその名の通りホルモンの一種です。

ちなみにホルモンとは血中に分泌され、少量で体に作用し影響を及ぼす物質の総称です。

このホルモンの大きな弱点として、ストレスに大きく左右されるという事が挙げられます。

つまり、最も複雑なこの時期ですが、なるべく精神的にストレスを与えないように接することが大切です。

お子さんも難しい時期ですが、なるべく柔らかく接するのが一番です。

-中学生

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.