生活

子供の身長を伸ばすのに最も良い睡眠時間は?

投稿日:

子供の身長は親としてとても気になるものです。戦後、食生活の改善によって日本人も平均身長が著しく伸びてきました。

その中で我が子だけが身長が伸び悩んでしまったりなど、想像してしまう親御さんもいるかもしれません。

子育てにそのような心配は付き物ですが、身長に関しては実はそこまでシビアに考えなくても良いのです。

きちんと整った生活をしていれば子供は否が応でも背が伸びます

しかし、現代人にとって今、問題となっているのが、きちんと整った生活とはどんなものなのかということではないでしょうか。

ここでは一度、子供の成長を促進させるきちんとした生活について見ていきます。

まず決まった時間に起きて決まった時間に寝る生活を

今は深夜でもコンビニエンスストアなどで買い物ができますから、日中でも夜でも暗さ以外大差が無くなってきました。

そういった中で浮上してくる問題は、生活リズムの乱れです。

親世代の勤務時間が一定ではなかったり、子供が学校に行く時間と合わないことが多くなってきたこともあって、その影響は子供にも大きく影響を与えてしまいます。

時間が合わないことでの影響の中で、大きく占めているものは寝る時間への影響です。

親の帰りが遅くなったり夕飯を食べる時間が遅くなれば自ずと寝る時間も遅くなり、また、睡眠時間を低下させることにも繋がっていきます。

そうなると子供には寝不足によるストレスが大きくかかってしまい、これによって成長を阻害され、身長が伸び悩んでしまう場合もあるのです。

ストレスによる身長への影響とは

睡眠時間の低下によるストレスによって、実は子供の成長というのは著しく阻害されてしまいます。

成長ホルモンとはご存知の方も多いのではないでしょうか。

名称の通り、子供の成長を司るホルモンで、骨を丈夫にしたり、修復したりする効果を持っています。

大人でもストレスによってホルモンバランスが崩れるということはよく耳にしますが、それはもちろん子供にも起こることで、寝不足によるストレスがかかってしまうとホルモンバランスが崩れ、正常に成長ホルモンが分泌されなくなってしまうのです。

子供の成長ホルモンを正常に働かせるには

身長を伸ばすにあたって大変重要な成長ホルモンは、大人になってからも少量ながら分泌されるものですが、思春期を過ぎた後大きく分泌量が減ります。

その為、子供の内にできるだけ正常に成長ホルモンを働かせていくことが子供の身長を伸ばすことに繋がるのです。

ではどのように気をつけていけば良いのかというと、前記で述べたように、きちんと整った生活をすることを一番に気をつけます。

特に寝る時間が最大のポイントで、ここが整っていないと他がどんなに良くても身長は伸びません。

子供の成長に良い就寝時間は?

では一番良い寝る時間というのは何時なのでしょうか。

それはゴールデンタイムと言われる22時と言われています。

22時から2時までの間に成長ホルモンは分泌され成長を促していくのですが、実はこの時間を過ぎてしまうと成長ホルモンが十分に分泌されないのです。

その前に寝るのは問題ありませんから、できれば22時前に子供を寝かしつけられる環境を構築していくことが、子供の身長を伸ばすのに一番重要な事だと言えるでしょう。

-生活

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.