小学生

親必見!小学生が身長を伸ばす方法とは?

投稿日:

子供の成長を気にするのが親です。

周りの子と比べてうちの子供は身長が低い。将来もずっと低いままではかわいそうなど。

できれば子供の身長が高くなる事を望む親もいます。

そこで小学生のうちから身長が伸びるような生活をさせる必要があります。

身長が伸びるメカニズム

身長が伸びる仕組みは実は骨が伸びる事にあります。骨が伸びやすいように仕向ける事が身長を伸ばす事に繋がります。

するべき事は骨の元になる栄養素を十分量を摂取して成長ホルモンの分泌も活性化させる事です。これにより身長は伸びます。

またちょうど小学生の時は身長を伸ばすのに適した時期です。

この時をないがしろにするのは良くありません。

理由として骨の成長余地である軟骨部分が無くなるからです。この部分はレントゲンで撮影してみると少しだけ線が見える事から、骨端線と言われます。

しかし、これは大人になるにつれて消滅していきます。

小学生の時期や中学生の時期はこの骨端線をはっきりと確認する事ができます。

しかも体が成長しやすい小学生や中学生の時期は身長を伸ばすのに最適な時期なのです。

成長ホルモンが必須

骨の元になるのはアミノ酸です。カルシウムではないのです。

カルシウムの役割は骨を硬くする事にあります。もしもカルシウム不足に陥ると骨は柔らかくはなります。しかし、骨が伸ばす事についてはカルシウムは関係ありません。

また人間の体の成長に大きく関与するのは成長ホルモンです。

低身長症と呼ばれる普通の子供よりも背が低い病気があります。このような子供達は成長ホルモンの量が少ない事で知られています。

ですから治療法の一つには成長ホルモンを打つ事があります。成長ホルモンが子供の体の成長に必要だと言えますが、ホルモン注射を普通の子供が打つ事はできません。

ですからするべき事はいかに子供が身長を伸ばしやすい環境を作る事ができるか、です。

特に成長ホルモン分泌に貢献する生活を心掛ける事は重要になります。

アルギニンに注目

成長ホルモンの分泌を活発にするためにはよく眠る事が重要です。

できるだけ早めに寝て朝まで十分眠る事です。身長を伸ばすためには非常に重要な事になります。

そして栄養も必要です。

適度なたんぱく質を含む食べ物や野菜などのミネラルやビタミンを含む食べ物などいろいろな栄養素を幅広く摂取する事が重要になります。

また特に注目したいのはアルギニンです。この成分は一定量摂取する必要があります。成長ホルモンの分泌を促す事ができるからです。

アルギニンを多く含む食品にはまず大豆類や肉類などです。特に肉の中でも含有量が多いのは豚ゼラチンです。豚ゼラチンは皮にたくさん入っています。

ですから、豚の角煮などが効率よくアルギニンを摂取できる食品と言えます。

他にも魚介類にもアルギニンは豊富に含まれます。中でもエビやマグロなどにたくさん入っています。

小学生の時期は身長を伸ばすのに非常に大事な時期です。この時期に身長を伸ばすために適した生活をできるように親も手助けしてあげましょう。

-小学生

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.