運動

子供の筋トレ 身長を伸ばす事の妨げにならないの?

投稿日:

子供が筋トレをすると身長がより伸びる事を知っていますか?

昔は子供が筋トレをすると身長が伸びなくなると信じられていました。

しかし、実はそれは間違いです。

正しく筋トレをすれば身長が伸びないばかりか身長をより伸ばす事になります。

正しく筋トレをする事が大事

筋トレをすると身長が伸びなくなるという事自体はある意味では間違えていません。

それは、重量挙げなど体に過剰に負荷がかかるような筋トレをすると体の伸びを止めてしまう事になるからです。

より具体的に言うと骨端軟骨は非常に柔らかい組織です。これに強い負荷が頻繁に加わると潰れる事があります。

これでは本来ならもっと伸びるはずの身長がストップしてしまいます。成長の妨げになるのです。

ですが正しく筋肉トレーニングすればそんな心配はいりません。逆に身長を伸ばす上でプラスになります。

運動をすると筋肉は疲れます。これはある意味では傷ついた状態という事ができます。

これに体が反応して筋肉を修復しようと働くようになります。体内では成長ホルモンの分泌が盛んになるのです。それが背を伸ばす事に繋がります。

また筋肉トレーニングがいいのは無酸素運動である事です。

無酸素運動は有酸素運動よりも筋肉に強い刺激を加える事ができます。すると成長ホルモンはより多く分泌されるようになるのです。そのため、身長が伸びると言えます。

小学生や中学生がするような常識的な筋トレなら問題ないです。ですから部活動で行わる自分の体重を利用したり、重量がすごくある器具を使わない筋トレ程度なら問題ないでしょう。

そのような筋トレなら身長が伸びるのを邪魔しません。成長ホルモンを積極的に分泌させる事に繋がり、身長が伸びやすい状態にするという事でもあります。

正しい筋トレとは?

まずは、一部分に異常に負荷をかけるのではなくて全体的に鍛える事です。

決まった箇所だけを鍛えるようにすると、余分な負荷がかかるようになります。

例を挙げると膝を頻繁に深く曲げるスクワットです。これらは骨端軟骨を痛めやすい筋トレです。

これでは軟骨が剥がれたり変形してしまいます。さらには骨が縦にではなくてこぶ状に変形する事もあります。一部に負担をかける運動よりも体全体を使うトレーニングをする方がいいでしょう。

次に休息をちゃんと取る事です。

筋トレはただ単に肉体を酷使すればそれでいいのではありません。しっかりと運動をした後には休息も挟みましょう。

トレーニングしたら24時間から5日間ぐらいの回復時期が必要になります。

筋肉を使った後は休ませるようにするのが正しい筋トレの方法です。

スポーツによっては特に注意が必要になる

成長期にある子供達は学校でもいろいろな部活動をしています。

その種類はいろいろですが、得にバレエや陸上の長距離などの種目をする人は消費エネルギーが大きいです。

それゆえ、バランスのとれた食事をする事が重要になります。そうしないと気づかぬ間に栄養不足になる事があるからです。

子供は部活動に入る人が多いです。学生も運動部に入っていたら筋トレをしたくなる子がたくさんいます。

過剰な筋トレをしないように注意させる事は重要です。

それを守れたら筋トレは身長を伸ばす事にプラスに働くと言えるのです。

ですから、親もそこまで心配しなくて大丈夫と言えるでしょう。

-運動

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.