運動

身長を伸ばすのに有効なストレッチまとめ

投稿日:

子供が成長期の時に身長を伸ばすには日常生活の食事で体に必要な栄養素をしっかり取る事が大切になってきますが、体が固くなっていると身長が伸びにくくなるのでストレッチをして体の柔軟性を高めておく事も大切になってきます。

身長を伸ばすためにストレッチをする時は体が温まっている時にすると特に柔軟性が高まりやすいので入浴後にするのがオススメです。

そこで子供が成長期の時に身長を伸ばすために入浴後にしておきたいストレッチをいくつか挙げていく事にしましょう。

脚の筋肉の柔軟性を高めるストレッチ

成長期の時に身長が伸びない人は脚の筋肉が固くなっている事が挙げられます。

脚の筋肉が固くなっていると骨も成長しにくくなってしまうので身長が伸びない事が多いです。

成長期の時に身長を伸ばしていくには脚の筋肉の柔軟性を高めていく事が大切になってきます。

特に太ももやふくらはぎの筋肉が固くなっているとむくみやすくなってしまうので重点的にストレッチをして筋肉の柔軟性を高めていく事が大切になってきます。

太ももやふくらはぎの筋肉を伸ばしたりねじったりして刺激を与えていくと次第に柔らかくなってくるので柔軟性が高まってきます。

それにより脚の骨が成長しやすくなるので身長を伸ばす事が出来るようになります。

猫背を改善するストレッチ

成長期の時に身長が伸びない人は姿勢が悪いのも影響しています。

背骨が丸まっていて猫背になっていると背骨が背中を支えられなくなるのでいろいろな部分に負担がかかってきます。

それにより骨の成長にも影響してくるので身長が伸びない事が多いです。

成長期の時に身長を伸ばしていくには猫背を改善するようなストレッチをしていく必要があります。

猫背を改善するストレッチは肩甲骨を広げるストレッチや背筋を伸ばすストレッチなどが効果的です。

ストレッチを継続していくと背筋が伸びるようになるので猫背も改善されていきます。

それにより姿勢が良くなっていくので骨も成長して身長を伸ばす事が出来るようになります。

腰回りの筋肉の柔軟性を高めるストレッチ

成長期の時に身長が伸びない人は腰回りの筋肉が固くなっているのも影響しています。

腰回りの筋肉が固くなっていると背筋が十分に機能しなくなり身長が伸びなくなる原因にもなります。

それにより成長期に身長が伸びなくなってしまうので成長期に身長を伸ばしていくには腰回りの筋肉の柔軟性を高める事も大切になってきます。

腰回りの筋肉の柔軟性を高めていくには座った状態で腰を伸ばしたりひねったりしながら筋肉に刺激を与えていくとほぐれてきて柔軟性が高まってきます

それにより背筋が機能するようになるので成長期に身長を伸ばしていく事が出来ます。

子供が成長期の時に身長を伸ばすために入浴後にしておきたいストレッチはこのようにありますが、固くなっている筋肉を無理にストレッチしてしまうと怪我してしまう可能性もあるので注意しながら取り組んでいくようにしましょう。

-運動

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.