生活

子供の身長を伸ばすのに昼寝は有効?

投稿日:

子供が将来どれだ身長が伸びるかどうかというのは、確かに遺伝的な面もあるのですが、日々の習慣が大きく影響を与えると言われています。

例えば、カルシウムの含有量の多い食事を習慣的に摂っていたり、寝る時間が早いなど、日常的に行われることによって身長の伸び具合というのは大きく左右されるのです。

そんな子供の成長に良い影響を与える習慣には色々ありますが、ここでは昼寝を行う習慣をつけると身長にどういった影響を与えるかについて見ていきます。

果たして身長が伸びるのか、あるいは伸び悩んでしまうのか、詳しく見ていきましょう。

昼寝でも成長ホルモンは分泌される

子供の成長を促すのは、成長ホルモンの存在が必要不可欠です。子供は寝ている時、成長ホルモンが分泌されているから身長が伸びたり、その他器官も大きく成長します。

しかしながら、子供の成長に大変重要な成長ホルモンは、通常だと22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間しか分泌されないのです。

その為、世の親御さん方はその時間前に子供を寝かしつけるため苦労しています。

こういった成長ホルモンの性質は子供の成長に気を遣う親御さんなら意外と常識となっている知識なのですが、実は夜のゴールデンタイムだけでなく、昼寝でも分泌されるということをご存知でしょうか。

実はゴールデンタイムでなくても、昼寝をすれば成長ホルモンが分泌され、成長を促進する効果があるのです。

しっかりと熟睡することが重要

成長ホルモンが分泌されるのは、確かにゴールデンタイムが一番分泌されやすいです。

それは何故かと言うと、人間には体内時計が備わっていますから、例えば太陽の光が入らない部屋に閉じ込められたとしても、ある程度なら時間を把握できると言われています。

その為、体内時計が成長に最も適した時間である22時から2時だということを判断し、成長ホルモンが分泌されやすい状態を作っているのです。

つまり、ゴールデンタイムでは成長ホルモンが分泌されやすいだけで、他の時間でも分泌されるということになります。

肝心なのは深く眠りにつくことで、浅い眠りでは成長ホルモンは分泌されず、深くなければ分泌されません。

時間を問わず、深く眠りに就くことさえできればホルモンの分泌を促せると言っても良いでしょう。

昼寝のしすぎに注意

上記のような成長促進効果のある昼寝ですが、しすぎは逆効果になることもあります。それもそのはずで、大人でもついつい昼寝をしてしまい、夜眠れなくなったことはないでしょうか。

子供も同様で、昼寝をしすぎると夜の睡眠に影響してしまい、本来一番重要な夜の睡眠が疎かになってしまうのです。

そうなるとゴールデンタイムに十分な成長ホルモンが分泌されないことになりますから、身長も伸び悩んでしまうかもしれません。

では、どれぐらいの時間なら昼寝をして良いのでしょうか。

一般的にベストと言われている昼寝の時間は、午後1時から2時の間に10分から30分程度の、非常に短い時間に行うのが良いとされています。

この程度の時間なら夜の睡眠に影響を与えず、効率的にホルモンの分泌を促せるので、最も子供の身長を伸ばすのに効果があるのです。

-生活

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.