食べ物

お肉を食べることは身長を伸ばすのに有効?

投稿日:

我が子の身長に気を遣う親御さんの中には、食生活を気にしている方も多いのではないでしょうか。

確かに、食生活というのは体が資本であるプロアスリートなどでも非常に重視している要素で、それは子供の身長においても同じことが言えます。

しかし、食生活を気にすると言っても何を中心に食べれば良いのか、あるいは、何を食べたらいけないのかなど、わからないことは結構不明な点も多いです。

ここではそんな食生活の不明な点を解消すると同時に、子供の身長を伸ばすための食事とはどのようなものかについて詳しく見ていきます。

子供の時に肉を食べていた人は身長が高い傾向が

最近ではカルシウムと並んで、肉を食べることによっての子供の身長を伸ばす効果が注目されています。

実際のところ、子供の時に良く肉を食べていた人は大人になった時の身長が高い傾向があるのです。

これは、日本人の平均身長が食の欧米化によって飛躍的に伸びたことからもこの傾向は頷けます。

明治から昭和にかけての日本人の食生活は、たんぱく質の少ない野菜中心の生活でした。そうなると不足しがちとなる栄養素が現れるのですが、それは必須アミノ酸です。

人体は様々なアミノ酸の反応によって機能していますが、実は体内で糖分などから合成して作り出せるものと、そうでないものがあります。その合成できないアミノ酸が必須アミノ酸なのです。

必須アミノ酸は野菜からでも摂取することは可能なのですが、その量は極微量で、当時に暮らす多くの方たちの殆どはこの必須アミノ酸が不足していたと言われています。

そして当時の平均身長は今よりも15から20cmも低いことから、身長を伸ばすにはこの必須アミノ酸に何か秘密がありそうです。

必須アミノ酸の摂取が子供の成長を促す

肉を食べると子供の身長が伸びるというのは、肉に含まれる必須アミノ酸という成分が豊富に含まれていることから言われていることです。

ではその必須アミノ酸とは体内に取り込まれると子供にどういった働きを与えるのでしょうか。

必須アミノ酸の役割は多岐にわたりますが、主な役割はたんぱく質を合成することと言われています。

肉として体内に取り込まれ、消化される内にアミノ酸となり、そして人体に最適な形に再度たんぱく質として合成されるのです。

しかし、身長を伸ばすとして注目されているカルシウムは骨の材料であるから注目されていますが、この必須アミノ酸はただたんぱく質を合成しているだけで一見身長とは関係ないようにも見えます。

けれどもこのたんぱく質が子供の体全体の健全な成長を促し、間接的に大きな成長効果を与えているのです。

極端な肉中心の生活は生活習慣病の原因にも

子供の成長に良い影響を与える肉という食材ですが、だからといって極端な肉中心の生活をしていると生活習慣病になることもあります。

近年では子供に起こる糖尿病も増えてきたように、生活習慣病は子供でも十分になりえます。

ですから、子供の食生活に対してもルーズにならずに、大人が進んで健康的な食生活を築いてあげましょう。

現代の食生活では、前記で取り上げた必須アミノ酸が不足するということはまずありません。

意識的に摂取することでの身長を伸ばす効果は確かにあるのですが、逆に取りすぎてしまうと肥満症に陥ってしまうこともあるなど、逆効果になることもあります。

子供の身長を伸ばすためには、肉と野菜の比率が整ったバランスの良い食生活をしていくことが一番の近道なのです。

-食べ物

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 , 2017 AllRights Reserved.